合宿免許の特徴とは

自動車免許を取るには、教習所に通わなければいけません。さて、その教習所ですが、最近は合宿免許に人気が集まっています。通常、教習所と言えば自宅から通う通学タイプとなります。学校や仕事、部活などの都合に合わせて教習を受けられるものです。スケジュールを自分で決められるため、免許取得までの期間が長くなり、費用も比較的高めとなるのが特徴となります。

一方の合宿免許は、自宅から通うのではなく教習所が用意してくれた宿泊施設に泊まり込んで、集中的に教習を受けるものです。朝から夕方までみっちりとスケジュールが組まれているため、効率的に授業が進んでいきますから、免許取得までの期間が2週間程度とかなり短くなります。通学タイプが短くても1ヶ月ですから、いかに短いかが分かるはずです。

教習期間が短いということは、つまり費用も安いということで、そういう点も人気の一つの理由となっています。また、合宿免許も通学タイプと同様に普通自動車の免許以外のものを扱っているところがあります。大型やバイクの免許取得を目指している人も、合宿免許が選択肢に加わるのです。合宿免許は全国どこにでもあります。サイトなどで調べ、自分の好きな地域の教習所を選べばいいでしょう。